ランドセル買うなら

6年間いっしょに成長する

雨の日もあれば、
ときには汚れたり傷つくことも。
そんな色々な日々を歩んでいくお子さんを、背中で支えていくランドセルは、いいものを用意したいですよね。
フィットちゃんは、軽くて丈夫な素材、6年使えるデザインと安全設計で、多くのご家庭で選ばれています。
成長する体にフィットする
>>フィットちゃん公式へ<<

ランドセル選びでお悩みですか?

こんにちは。しんくんのパパです^^

「子供と意見が一致しない…」
「買ってすぐに壊れないの?」
「派手な色で悪目立ちしない?」


ランドセル選び(ラン活)って本当に大変ですよね。

こちらでは、全国の誰にでも役立つ選び方と、ランドセルメーカーの直販の情報をご案内していきます。

失敗しないランドセル選びのポイント

ランドセルって使うのはお子さん本人ですから、できるだけ好みに合わせてあげたいのですが、「聞いてみても少し時間が立つと違うことを言いだしたりする」「小学校高学年になってくると子供っぽいデザインは嫌になることが多い」といった理由でなかなか決まらないものなんですよね。

ラン活が過熱すると本当に大変ですから、選び方を整理しておきたいと思います。

機能的な面については、大人が選んであげる必要があると思いますので、必要十分な大きさがあって頑丈なつくりなこと、その上で出来るだけ軽いものを選ぶ。という基本は覚えておいてください。

その上で、お子さんの好みを聞いてあげつつ、それぞれの色が使ってみてどうなのかを教えてあげられるといいですね。どうしても薄い色(水色や白やピンク)や光沢のあるデザインのランドセルを選びたいということであれば、カバーを付けて使うなどの方法を考えてみるといいかもしれません。

最後に一番大切なことですが、しっかりと話し合って納得してもらうということですね。

フィットちゃんランドセルだと、ネット試着できるスマホアプリがあるので一度試してみるといいと思いますよ。自宅だと気軽に好きな色やデザインを何度でも試せますし、着せ替え感覚で楽しいです。


今すぐ公式サイトをチェック

\ランドセルの定番/
フィットちゃんランドセル

背中や肩をしっかりサポート
軽くて丈夫だから安心
女の子向け男の子向け
21ラインナップ22ラインナップ
ランドセル素材送料
クラリーノ
牛革
コードバン(馬革)
ランドセルは基本無料
小物類などその他は
全国一律610円(1配送先につき)
  • オーダーメイドも可能
  • 試着カメラアプリで背負った様子を確認しながら選べる
  • WEB特価の39,900円から
  • 軽くて頑丈なクラリーノ
  • 1年生から6年生まで背負い心地がいい独自の背カン
  • 6年間保証書付き

【アフターサービスがしっかり】
メーカー直営オンラインショップだから、全国どこでも無料で修理対応。配送料無料で修理中の代替ランドセルもあります。途中で転校しても大丈夫です。

【選べるお支払い方法】
クレジットカード、代金引換(オーダーメイドでは利用不可)、銀行振込、コンビニ支払い

【6つの特典付き】
暗い夜道で光って知らせるランンドセルに付けられるLEDライト「ピカピカフィットちゃんRミニ」、「連絡ファイル」、「オリジナルストラップ」、ランドセルの丈夫な生地で出来た「筆箱」、「ランドセル雨よけカバー」、「6年間保証書」

フィットちゃんの口コミ


天使のはねの秘密は体感の軽さ
女の子向け男の子向け
15ラインナップ16ラインナップ
ランドセル素材送料
クラリーノ
牛革
コードバン(馬革)
5,000円以上無料
  • 11月頭までの購入で10%早期割引!
  • 直営店限定モデルあり
  • 重心が高くなるようなフィット力を高める仕組みの天使のはね
  • 6年間修理保証

【アフターサービスがしっかり】
メーカー直営オンラインショップだから、全国どこでも無料で修理対応。配送料無料で修理中の代替ランドセルもあります。途中で転校しても大丈夫です。

【選べるお支払い方法】
クレジットカード、代金引換(5,000円以上は代引き手数料無料)、コンビニ支払い

天使のはねの口コミ


本革手縫いのランドセル
女の子向け男の子向け
7ラインナップ9ラインナップ
ランドセル素材送料
牛革
コードバン(馬革)
タフガード(人工皮革)
650円
  • 牛革やコードバンが中心の手作りランドセルなら萬勇鞄
  • シンプルで飽きの来ないデザイン
  • 6年間の修理保証

【本革の味わいに魅力を感じている方へ】
牛革とコードバンを中心に、高級感のあるデザインと職人の手仕事で作られた、本格派のランドセルを使ってもらいたいという方やプレゼントしたいという方におすすめです。

【選べるお支払い方法】
銀行振込、クレジットカード

萬勇鞄の口コミ

はじめてのフィットちゃんランドセルまとめ

いかがでしたか?『ランドセル買う方法』についてご紹介してまいりました。

「できるだけいいものを」
「できるだけ安く買える方法で」

成長するお子さんに合わせて6年間使えるランドセルを選ぶのがポイントです。
好みに合わせてシールでデコったりするのも自由にできる透明なランドセルカバーもおすすめですよ。

ランドセルを検討している方専用Q&A

「子供と親のぶつかり合い」
「祖父母の干渉」
「長続きしない子供の好み」
「ラン活の圧力」

ランドセル選びって本当に疲れることが多いです。最近では、びっくりするぐらい選び方が細分化されてきているので、分かることはQ&Aにまとめておきました。

Q.クラリーノって何ですか?

A.動物の革の構造を参考に作られた軽くて丈夫な人口皮革(人工の革のような素材)です。

ランドセルに求められる機能が凝縮されていて、頑丈なのが特徴です。そして本革にはない「軽い」「水に強い」「色のラインナップが豊富」というメリットがあります。

Q.ランドセルの通販って大丈夫ですか?

A.お店をしっかりと選ぶことが必須です。

ランドセルって6年使うものですから、モノがしっかりしていることは当然ですが、サポートがしっかりしているかどうかも大切です。特に気を付けたいのは、amazon(amazonほどではないが楽天も)のお店ですね。詐欺っぽい偽物や類似品を売っているお店が結構あります。

また、通常の量販店のようなネットショップもありますが、サポートの面で不安があります。

ランドセル通販は、制作しているお店の直営ネットショップがあるのでそこで買うようにしましょう。特典や割引があることもあって公式だから高いということもありませんよ。

Q.できるだけ軽いものを選びたいのですがどれがいいですか?

A.まずは必要な機能を整理しておくのがポイントです。

ランドセルの軽さってすごく重要視されているポイントです。ただ、軽さだけで選ぶと失敗してしまいます。なぜなら、軽さに影響があるのは、素材とランドセル自体の大きさなのですが、できるだけ軽くしようとして小さいサイズを選んだところ、必要なものが入らなくて普段の通学でもサブバッグが必要になったりすることがあるからです。

大きさや容量については将来必要になることを見越して(学校や同じ学校に通っているお子さんやその親御さんに聞いてみるといいでしょう)

素材自体は、クラリーノなどの人工皮革を選ぶと、300~500g程度軽くなります。(詳しくは公式ショップで見比べてみてください。)

ここでぜひ覚えておいてもらいたいことがあるのですが、それが体感重量という考え方です。
ゆるく言いかえると、重く感じるか軽く感じるかということです。おそらくみなさん経験があると思うのですが、背負うものの重心が下のほうにあると引っ張られている感覚が強くなります。あと、背中と接する面が少ないと負担が強くなります。ランドセルの二大ブランドと言っても過言ではない、フィットちゃんやセイバンの天使のはねですが、どちらとも体感重量が軽くなる工夫が徹底されています。

Q.A4フラットファイル対応ってどういうもの?

A.プリントを挟むファイルです。

実は学校によって使わないところもありますし、パソコンやスマホタブレットが当たり前の時代に会社で使っているところもないので、ピンとこない方が多いようですが、ランドセル業界(?)ではこれが使えるかどうかが一つの基準になっているようです。

最近のランドセルはほぼこのサイズですが、一部小さいサイズのランドセルがある場合もありますのでご注意ください。(対応のものは対応と書かれています。)

ランドセルに関するコラム

夏休みはラン活が本格化する時期とも言われています。

調査によると7月~10月が購入ピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは生産数の問題から夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを検討している場合は早めに新製品情報などを集めておかなければいけません。

ただ、夏前など早く決めすぎた場合に子供が心変わりすると大変です。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいと言われたという話も聞きます。

個人的にオススメの購入時期は年末年始のタイミングです。

年末の決算で安くなっていたり、入学3ヶ月前ならそこまで急激に体型も変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

皆さんがランドセルを子供に買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の売り場へ行く人も多いと思います。

中には、流通数が多くて比べやすいし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で購入するのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物をチェックしてください。

なぜかというと、通販では本体の重さや価格はわかっても実際に背負ったときの体感重量や丈夫さなどがわかりにくく6年間使い続けることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍をはじめとしたデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、通販だと数が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

一時期、タイガーマスク運動と呼ばれるランドセルを孤児院などの施設に寄付する運動がありましたね。

何か助けたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、贈られた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望が合わないこともあります。

この現象の発端となった人も実際、少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と言っており本当の思いは子供達の支援が広がるきっかけにしてほしいというところだったようです。

震災などを含め何かを寄付する際は贈る対象にとって現在必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

初めて行うことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものは慎重になりがちです。

各社の製品について比較してみましたので参考にしてください。

まず、ランドセルメーカーは大まかに3タイプに分類できます。

製造から企画・販売まで行う会社と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う会社、企画まで任せて販売のみ行う会社の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの製品の質はとても高いです。

次にリスクが低いのは販売のみ行う企業です。

なぜかというと工場へ企画を持って行った際にこの場合は、工場側から依頼してブランドイメージ的に問題ないかチェックしています。

小学校への入学時は教科書や体操服、上履きなど思った以上に費用がかかります。

その中でもランドセルはその中でもランドセルは価格に幅がありいいものは高くなりがちです。

実際に販売員をやっていた方の見立てによると予算としては3万円以上を見込んでおくと高品質が見込めるようです。

実際に売れているのも3?5万円台が多いという発表もあります。

その中でもできるだけ安く入手したいという場合は国産ブランドのアウトレットを活用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、機能的にほぼ変わらない前年の型落ち品やキャンセル品が定価に比べかなり安く買えます。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンはなにでしたか?ほとんどの方が黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを背負っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目にこだわる親も増えているようです。

そのためかここ最近では、せっかくのお気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーを着けている方も多くなってきています。

男女両方で人気のカバーはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明なビニール製のものが選ばれるようです。

また、女子の場合はかわいいワンポイントデザインのあるものも人気のようです。

他の人と被りにくくしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

小学生の時しか持てないものといえばランドセルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、もう定番のカラーやデザインは人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気はあります。

確かにここ数年、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系は1番人気を争い続けています。

また、メーカーによってはピンクに近い色合いも赤系に含める場合があります。

なので、選ぶのに困ったら定番色の赤という選択肢も全然アリですよ。

暑くなって来て「ラン活」が本格化する時期になって来ました。

ラン活とは来年度に子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活時に気になるのは値段の相場という人も多いと思います。

平均購入価格は4万円台になっているようです。

約7割の人が3万円台~5万円台を選んでいます。

約70%の人が3万円台~5万円台を選んでいます。

3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいのでオススメとのことです。

安いものだとなんとなく不安に思ってしまいますよね。

実際に百貨店で販売員をしていた方の言葉を参考にするとリメイクして使い続けるということも十分に可能になります。

夏になりラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際の注意点がいくつかあるので確認しておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいA4フラットファイル対応サイズが必要なのかです。

店頭に行った際は丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さはランドセル本体の質量ではなく背負った時に感じる体感重量のことを言います。

他にもいくら丈夫でも万が一壊れてしまったときのために6年間の保証がついているか確認したいですね。

万が一壊れてしまったときに修理してくれるので安心できますね。

夏休みが近くなると来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期とも言われています。

おそらく最初はインターネットで値段をチェックする方も多いと思いますがランドセルの価格が意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラリーノという素材を作っているクラレの調査によると2016年度に入学した子供のランドセルの平均価格は45000円以上だったようです。

なぜこのように平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料の量が増えていることや色や刺繍などのデザインが増えていることが挙げられます。

売り場で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

ランドセルお役立ち情報

\人気のランドセル/